ビジョン

大切なことを大切にできる働き方を、誰でも

「あなたは、本当に大切なことを、大切にできていますか?」

私にとって、大切なことは、愛する家族との時間です。
人生の幸せの定義は人それぞれですが、誰にも共通して言えることは、

「その人にとって、大切なことを大切にできる時間がどれくらいあるのか?」

だと考えています。

そして、人生のステージによって、何が大切なのかは変わってきます。
仕事であったり、家族との時間であったり、介護の時間、趣味、勉強など・・・
しかし、「働く」ということは、変わらずに続きます。

本来、ライフスタイルに応じて働きかたも柔軟に変えるべきですが、
現状では、仕事か、大切なことか、2者択一を迫られる人が多いです。
現に、仕事だから〇〇できなくても、仕方がない・・・
逆もしかり、育児(介護)があるから、働けない・・・そんな声が周りにあふれています。

政府でさえも働き方改革を掲げています。
当社は、その解決策の一つに、時間と場所にとらわれない働きかた(テレワーク / リモートワーク)があると信じています。
その仕組みづくりを通じて、一人でも多くの人が、「大切なことを大切にできる働き方」を実現するサポートをし、また、当社メンバーが率先して、「大切なことを大切にできる働き方」を追及していきます。

ミッション

セールス / マーケティング職にもリモートワークを

ビジョン実現のための我々の使命(ミッション)は、非クリエイティブ職・文系職でもリモートワークとして働くことができる仕事を増やすこと。
その仕事の幅を広げ、世の中に普及させることを通じ、リモートワークでも高い生産性を上げることができると証明することです。

数年前からのクラウドソーシング市場拡大により、時間と場所にとらわれずに働ける選択肢が増えました。
しかし、クリエイティブ職(エンジニア、デザイナーetc)以外の人たちは、案件自体も少なく、報酬も内職の域を脱していません。

クリエイティブ職よりも属する人数が多く、文系の立場にあるマーケティングやセールス関連職の人たちがでもリモートワーカーとして活躍できるようになれば、現状よりも圧倒的に大多数の人たちが新しい働きかたの恩恵を受けられます。

一方で、企業のマーケティング / セールスのあり方にも変化が起きています。飛込み営業、足で稼き顔出してナンボの旧態依然とした営業スタイルはだけでなく、
海外では既に一般的なMA(マーケティング・オートメーション)、
CRM(顧客関係管理)やインサイドセールスなどの新しい手法が導入されています。
これらの手法は、全て非対面で実施でき、まさに場所にとらわれずにビジネス活動ができます。

働く側 / 企業側、この2つの側面から求められているサービスとして、BtoBマーケティング / セールスをリモートワークにて実行する事業を営んでいます。

マーケティング / セールス職でもリモートワークで高い生産性を発揮できることを証明し、
次世代の職業を社会に広めていき、一人でも多くの人が、「大切なことを大切にできる働き方」を選択できるように努めて参ります。

会社概要

会社名
タクセル株式会社
英表記
takusale Inc.
所在地
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-12-14-8F
(基本リモートワークのため他メンバー含め全国各地で働いています)
設立月
2016年9月
代表者
田中 亮大(りょうだい)
連絡先
info@taku-sale.com
事業内容
  • MA(マーケティング・オートメーション)導入・運用支援
  • インサイドセールス導入・運用支援    
  • フィールドセールス強化支援    
  • リモートワーク / テレワーク普及活動

代表挨拶

「タクセルに関わったことで、自分のライフスタイルに合わせた働きかたを実現できた」そんな喜びの声を、タクセルに仕事を依頼してくれる会社で働く人、 そして、タクセル社で一緒に働いてくれるメンバーに言ってもらいたいと心から思います。


社名のタクセルは、「託せる」を語源とし、表記はtakusaleとすることで、sale=セールスの意味を持たせています。

クライアント企業は、
マーケティング・セールスを
takusaleに託せる

タクセラーは、
場所にとらわれないから、
宅でもセールス職に

その結果、たくさん
売れる(セールス)
ようになる

私たちは、マーケティング・セールスという職業でも、場所にとらわれずに働け成果が出せる仕組みづくりを行い、大切なことを大切にできる働き方を世の中に広げていきます。


ITの普及、AIの進歩により、今後無くなる職業の上位には、必ずと言っていいほどセールス職が取り沙汰されます。マーケティングにおいても、デジタル化、自動化が進むため、一見すると、当社の目指すセールス / マーケティング職の再定義は時代を逆行していると思われがちです。


しかし、どれだけビジネスがシステム化されても、人と人で成り立っていることは不変の事実です。そこには、コミュニケーションが介在します。 そして、会社の部署の中で、唯一、コミュニケーションを武器に、付加価値にして活動しているのがセールス / マーケティング職なのです。


このセールス / マーケティングという仕事の価値を再発見し、デジタル時代に適した役割への再構築することは社会的に大きな意義があるものだと信じています。


そして何より、極論ですが、ビジネスは関わる人が幸せになるために行うものだと考えます。タクセル社が存在することで、愛と感謝で溢れる社会となる一助になればと願っています。人との出会いに感謝し、自分だけでなく関わる人に愛をもって接し、その縁が紡がれる次世代に託せる社会を作る事業を追求する所存です。


<代表プロフィール>

CEO(Chief Executive Officer)

田中 亮大  Ryodai Tanaka

結婚と息子の誕生で価値観が大きく変わる。今までの仕事中心から家族を軸に置いた人生に変えたく、自らの働きかたを変えるためにも、タクセル社を設立した。

1985年
山口県萩市出身。
2008年
北九州市立大学外国語学部卒業後、外資系製薬会社に入社。業界特性上、値引きや誇大提案は絶対にできない、かつ病院という限られたターゲット内のセールスのため、数打つ戦略でなくいかに顧客に欲しいと言ってもらえるかという農耕型セールスにおける基礎思考が自然と身についた。
2009年
米国能力開発プログラムの販売店として独立。一切の飛込み・プッシュ型セールスを行わない独自のマーケティング手法にて初年度日本一の販売実績あげる。
2011年
福岡のベンチャー企業にて、営業統括役員として全国展開を指揮。インサイドセールスを駆使し2年で5,000社を超える新規法人開拓とカスターサクセスを行う。
2015年
ベルフェイス株式会社(インサイドセールス専用のウェブ会議システムの開発)を設立し副社長に就任。平行し、ベルフェイスの販売会社を設立し社長に就任。200社以上のインサイドセールス導入を支援。
2016年
タクセル株式会社を設立し、CEOに就任。上場企業やスタートアップ企業のBtoBマーケティング・セールス支援を行い、全国各地にリモートワーカーを創出している。
2017年
社団法人インサイドセールス・コンソーシアムを設立し、理事に就任。正しいインサイドセールスの普及に務めている。
大切なこと
  • 家族との時間・子ども公園に行って遊ぶ時間
  • タクセル事業の成長
  • MBAの勉強